村と俺 赤坂京士郎

ナマステ!! 25日朝快晴。村の朝はメッチャ寒い 昨日首都カトマンズから6時間ぐらいかけてガイクール村に着きました。村にきて初日、去年の夏に初めてSPで来た時の記憶が鮮明でガイクール村についこの間いたような気持がする。なんか変な気分だな~ あたりを見渡すと自然に囲まれ、相変わらずヤギやらニワトリやらがうめいていてとっても静かで穏やかな時間が流れています。ちょっと近場まで散歩すると通りすがる村の人たちが「ナマステ~」と挨拶してくれてこの村の人たちの温かさと気さくさが伝わってきてうれしい。
 
今日はラズガリschoolでの企画の日。ところが予定変更で授業、読書習慣project、現地調査、3つの企画がなくなりラズガリ38周年パーティーをすることになった!! 40周年とか50周年とかならまだしも、38周年というなんとも微妙な年を記念するあたりさすがネパールだな(笑)
泊まっているスシルの家から徒歩7分ぐらいにあるラズガリschoolに行く途中、生徒全員が道の両脇に立ってKIVOメンバーを盛大に祝福してくれました!! 大歓迎してくれてありがとう でもパーティーは日中に催されて本当に暑かった(>_<) 
26日朝快晴。いや、本当に寒い(×_×) 今日はマダネダナでNBAと交流企画の日。マダネダナschoolまでのジープは揺れと砂ぼこりで大変。
学校についてまずNBA企画をやることになった。2016NP初めての企画だったということもありアクシデントもあったが、無事成功!! 子供たちが一生懸命手紙を書いている姿を見てとてもうれしくなった。
そして交流企画。妖怪体操を必死で覚える子どもたちがかわいかった。踊りを覚えるのが自分より3倍ぐらい早くて驚いた(笑)俺が鈍いだけなのかな? 踊りは赤チームと青チームに分かれてどちらのチームがより上手に踊れたか競うルール。 見事所属している赤チームが勝った!! よくガンバったチビっこ 

 

25、26、日と村人や学校の子どもたちとたくさん関わることができた。その中で色々な発見があった。一番大きな発見は信頼関係だと思う。道ですれ違う人に挨拶をしたり学校に行って子どもたちと一緒に遊んだりコミュニケーションとったり、そうやってガイクール村と築き上げてきた信頼関係は1か月や1年などではなく、長い間接してきたからこそ得ることができたものだと思う。この信頼関係なくしてKIVOはガイクール村での活動はできない。今後活動していくうえでも、このことを第一に据えて考えていくことが大事であると感じた。