現地の人とのNP。加藤千晶

みなさんナマステ!!

 

NP2015(3/14)体験記始めます!


 

この日は土曜日だったので、現地調査と現地広報、One Bookの3企画を実施。

ベースキャンプの周りにある家をグループに分かれて回り、現地調査のアンケートの実施、現地広報の新聞配布、子供のいる家庭への本の配布

を行いました。

一緒に回ったのは6期海外事業部のまつかず、国内事業部のりこちゃん、そして通訳としてラムジーがついてきてくれました(‘ω’)


他のグループにも通訳としてスシル、AB、KBをはじめとした多くのネパール人が協力してくれました。炎天下の中長距離を歩くにもかかわらず...

ここまで協力してくれるのは6回目になるネパールプロジェクト(NP)でも初めてとのこと。

今までの先輩方が積み上げてきたKIVOを感じますね(泣)


事前に周辺の地図作成のためにたくさん歩いて調査してくれたKIVOメンもおつかれさま、ありがとう!!

NPが行えているのはKIVOメン、国内・現地のネパール人、募金などに協力してくれた方々などたくさんの人の協力があってこそです。

本当にありがとうございますm(__)m


私たちは家の壁いっぱいに手形がおしてある家の周辺を調査。

(手形のお家の写真を載せたいところですが、少し怖かったので写真を取りませんでした。ごめんなさい。(笑))

この写真は本を選んでいるときのこのお母さんの嬉しそうな顔に感動して思わずとってしまったお気に入り1枚です。

こうやって大人にも本に秘められている魅力や可能性を少しずつでも伝えることが出来ていると実感することが出来ました。

現地調査でもKIVOの活動を知っていると回答する人が昨年より増えており、新聞を一生懸命読む姿も見ることが出来ました。



ベースキャンプに帰ってきてからは昼食を済ませた後、われらがアイドル、アユスきょうだい達と戯れ。


ペイントの仕上げ作業にラズガリ小学校へ。

劇企画で行った“アリとキリギリス”と“四季”をテーマにペイントを行いました!

私も不器用ながらお手伝い(笑)



こちらは布ペイントを行っている様子。

完成した様子はFacebookやTwitterで探してみてくださいね(^ω^)

 

 

海外事業部という責任感と看護学生としてみんなが今までの成果を発揮できるように、一人でも多くのひとに一秒でも長い楽しい時間を作ることを目標に頑張ったNP2015でしたが、それ以上にたくさん笑い考え学んだ二週間でした!!!!

まだ顔も見たこともない8期と一緒にNP2016を行えるのが今から楽しみです(^-^)

今までの先輩の思いを忘れず、未来を見据えて一年頑張ります。

 

それではフェリベトゥンラ(またね)!