ネパールと日本。野村響子

ネパールに来て最初の現地調査@ラズガリ。


前日からマニュアルを読み返してイメージトレーニングをしながら寝ました。はじめは中高学年を対象にした現地調査を行いました。先生やほかのKIVOメンの協力もあり、問題なく終えることができました。問題は、低グレードの生徒…。Grade2の現地調査を行ったときはここは動物園かと思いました。みんな元気が有り余っていました。

そのようなことを知れたことも、現地調査を行った意味があったなあと思いました。Gradeによって欲しい本が異なったり、集計が楽しみです。



NBA企画をしたり、ごはんの洗い物をしたり、洗濯物を干すのを手伝ったり、混ぜ込みご飯を作ったり、今日は一日忙しくも充実した日でした。



今日一番嬉しかったことは、NBA企画の際、日本の子供たちからの手紙だよ。と生徒に渡した時に、わあ!という歓声が聞こえたことです。

国境を越えてお互いの国を身近に感じられることのできた瞬間でした。



今日一番嬉しくなかった発見は、台所のコードにびっしりと留まっていたハエたちです。ホコリなのかと思ったらすべてハエでした。夜だけ出没するみたいです。知らないほうが幸せでした…。


この記事を見てくれたKIVOメンは来年チェックしてみてね(^_-)-☆