またね~!岡田美波

今日はラズガリで日会話でした!


ベースキャンプから一番近く、KIVOとの関わりが一番長いラズガリの子供たちに日本語を教えることができるのということでとても楽しみでした!


まずは、調味料を使って味の表現を日本語で教えました。醤油、お酢、わさび、みそで「しょっぱい」「酸っぱい」「辛い」「おいしい」という4つの味の表現を実際に舐めてもらい、味を感じてもらいました。

味わったことのない日本独特の調味料に、子供たちはしかめっ面をしたりしょっぱそうな顔をしたりと色々な反応を見せてくれました。

このとき「どれが好き?」と聞くとどれもちょっと…というように苦笑いをされました。笑



味の表現の次は、会話の授業です!

自己紹介や簡単な挨拶を日本語で教えました。ここでは、スシルが一生懸命子供たちに教えるのを手伝ってくれました。子供たちの発音で苦労しながらも頑張って大きな声で何度も繰り返して練習している姿はとても微笑ましかったです。


これは、後日談なのですが「またね」は言いやすく覚えやすかったのか、たくさんの子供たちが帰り際に「またねー!」と言ってくれました。




最後はきらきら星を日本語で教えました!

手振りも付けてやったのですが、みんなとても楽しそうにやっていました。


日本のことも知りたい!と思ってくれている子供たち。そんな子供たちにたくさんの日本語を教えることができてよかったな、と思いました!