ガイクール1日目。濱田麻子

ナマステ〜
今日は村に着いてから1日目ということでウェルカムパーティがありました!
ラズガリの子供達が、小さい子から大きい子までたっっくさんの生徒たちが長い長い列を作って待っていてくれて、とーっても感動しました。


パーティーが始まるとまず私たちはティカという赤いものを顔に付けられ、自分たちもネパール人の一員のような気分になりました。


途中雨が降ってどうなるかと思いましたが、幸運にも晴れ、私たちKIVOからの出し物としてアリとキリギリスの劇をやりました!!
スシルの翻訳のおかげもあり内容がとっても伝わり、大成功に終わりました!

学生さんたちからの踊りの出し物もたくさんありました!
民族音楽と共にしなやかに踊る美女には、男性陣もメロメロでしたね〜


合計で4時間にも及ぶウェルカムパーティを終え、やっと本格的に企画が始まるという思いで気がさらに引き締まった前半組でした!