ドタバタ出国記。山田夕凪

体験記始まります!


こんな初めにいうのもなんですが、ネパール旅行の際はパスポートの残存期間に十分注意してください!!!(笑) 6か月以上ですよ!!私は少しだけ足りていないことに直前まで気が付かず、ネパール渡航の2,3日前までパスポートセンターやネパール大使館を駆け巡るはめになりました・・・。

こんな些細なことで1年間の準備が無駄になるかもと思ったら恐怖で生きた心地がしなかったです。そんなこんなでバタバタとして、なんとかネパールに行けるってなったときはもう全身脱力するくらいほっとしました。

 

しかし!!肝心の成田で私のチケットに不備が見つかって、再び足止めをくらうことに。CAさんたちがバリバリの業界用語で私をどうにか飛行機に乗せてくれようとしているのを尻目に、何か運命的なものがネパールへの渡航を阻止しようとしているのか?という考えが頭の中をぐるぐるしていました。

この間じっと不安と緊張に耐えなければならなかったのですが、付き添ってくれた6期の先輩やお見送りにきてくれた後半組の励ましなどに支えられ、なんとか窮地を切り抜けることができました!!涙

 

 

荷物を預け、搭乗口までたどり着き、身も心も軽くなっていざ出発!

初めてのエティハド航空は、ブランケットとかアイマスクとか、小物がおしゃれで豪華!っていう印象でした。それとCAさんがなにかと機内を走る(笑)。

12時間という長い長いフライトも、新鮮であっという間に感じ、夜が明けたら経由地のアブダビに到着です。すごく暑くて、サウナにいるみたいでした。ここでのトランジットは3時間くらいで、みんなでピザを食べたりしながらまったりと過ごしました。

一眠りして目が覚めると、そこはネパール。


いよいよ着いたああああああああ\(^o^)/万歳!


ということでネパールの空気を胸いっぱいに吸いこんで、トリブバン空港でスシル(現地コーディネーター)のお出迎えを受けました。

そうしてバスで揺られながら、窓から見える首都カトマンズの街並みに歓声を上げる一行。特に7期は今回が初のネパールだったので皆思い思いの言葉を口走っていましたね。やはり、話で聞いて想像した景色と実際に目の前にする光景は全く違います。きっと匂いや音、その街の空気感などを直に感じることができるからでしょうね。現地に行くことの大

切さを改めて認識する時間となりました・・・。


やっとホテルに到着した頃にはもうすでに辺りは暗くなっていて、6期の先輩にホテルの周りを軽く案内してもらってから、夕飯を食べ、フライトの疲れを癒しました。明日から買い出しが始まります!!ひとまずネパールに無事到着したことに大きな喜びを感じるとともに、これから始まるネパールプロジェクトのことを考え、うきうきしながらベッドに

潜り込んだのでした・・・。<終>