3月16日 松本ももこ

カトマンズに戻ってきて次の日。

 

どうやら今日は、ネパールのお祭りの日!

 

「ホーリー祭」という名のそのお祭りは、「ハッピーホリー!!!」の掛け声で色のついた粉をつけあったり、水をかけたりする、ちょっとcrazyなお祭りらしい… 

 

期待と不安で街にでてみると、お店は閉まり色のついた粉がたくさん売られています。

 

粉を買い、道を歩きます。

 

すると、すれ違う人にどんどん粉を塗りたくられていきます。

 

建物の上から、袋、ホース、バケツ等々を使って水をかけてくる人もいます。

自分たちは汚れないからと全くいい気なものです。

 

顔も服もどろどろのびしゃびしゃになっていきます。

道先で出会ったネパール人の集団とマレーシア人のカップルと写真をぱしゃり。

(ちなみにこの写真はまだまだ序盤の方。ホーリーに染まりきっていません。)

 

そうしてみんなで進んだその先は、ネパール王国の応急広場、ダルバール広場!!!

 

人、人、人…!人ごみです。

こんな(いろんな色の粉で)汚い人たちが集まって、歴史的な建物が汚れないか心配になってきました。その辺はネパールテクノロジーの見せ所なんでしょう!

ほとぼりの冷めた道路はまっかになっていました。

 

粉の入っていた袋がたくさん落ちているのも気になりますね。(笑)

 

ホーリー祭はヒンドゥー教の春のお祭りで、満月の日に行われるそうです。

 

現地のお祭りに参加するのは、現地に行ったからこそできること。

 

現地の人たちに交じって、一緒に楽しむ。

 

そうやって一緒に楽しむことこそ、国際交流に大事なんだろうなとしみじみ感じました。

 

若干ダルバール広場の人ごみは怖かったですが、本当に楽しかった!ぜひ来年もみんなで参加したいです。

 

ホーリー祭最高!ハッピーホリー!!!

 

そしてこの三月十六日に、私にとって最高なことがもう一つ。

 

実は誕生日だったこの日、ミーティング後にケーキのサプライズをしてもらいました~!

 

朝のミーティングでハッピーバースデーを歌ってもらって、内心「これで終わりなのかな…」とさみしく思っていたところのなんのその!!人生初顔面ケーキ、いただきました。

 

大好きなキボメンに祝ってもらえて、本当に本当に最高な一日でした。