3月5日 インタビュー企画 中山侑美

この日はインタビュー企画とフェアトレード企画の日でした!

どちらの企画にも参加していたのですが、インタビュー企画がどうしても抜けられない為インタビュー企画に参加しました。

 

インタビュー企画は、現地の大学生にインタビューをしよう!というKIVO初の企画です。現地の人がボランティアについて、ネパールについてどう考えているかを知りたい!と思い企画に参加しました。場所はネパールの東大といわれるトリブバン大学で行いました。

大学は築100年ということで想像よりずっとぼろかったです(笑)教室は電気がついておらず薄暗く、首都の大学でさえこんな状態なのかと少しびっくりしました。

インタビューをさせていただいた大学生の皆さんは全部で4人。まずKIVOメンの自己紹介を行い、そのあと企画者であるももこからのKIVO紹介、その後各グループに分かれてインタビューを行いました。私がインタビューさせていただいたのは政治学を学んでいるという26歳の女性の方。最初は緊張感があったもののインタビューを行ううちにだんだんとリラックスしてお話しできました。インタビューを行って一番驚いたのは、「地方出身者の人も大学に進むことは出来ると思いますか?」という質問に間髪入れず「できる」と答えられたこと。私の想像では、難しいとか、もっと否定的な答えが返ってくると思っていたからです。もちろん、経済的問題などはあるかと思いますが、自分たちが思っているほど現地の人達は自分の環境を不自由には感じていないのだなぁと思いました。

また、気になっていたごみの問題についてなどにも話を聞くことができとても充実したものとなりました。楽しかったです!インタビューを行うことでまた現地の人とより近くなれたのではないかと思います。ほかのグループのインタビューやスシルさんのインタビューも早く聞きたいです(^^)