2月25日、いよいよガイクール村での活動開始です。松永怜也

朝飯のチャウチャウを速攻で平らげる。うん、限りなくベビースター。

その後、自分が参加しているお芝居の企画のリハーサル。演目は「おおきなかぶ」。これをネパール語で行います。ちなみに自分(176㎝ 65kgのがっちりめ)は猫役。

ここで現地の方々に「かぶ」という野菜の存在があまり知られていないことが発覚。急遽「ガンティモラ(かぶ)」のセリフを「ムラ(大根)」に変更します。よし、絶対間違えない。

リハーサルを終えると、なんとラズガリがウェルカムパーティーを開いてくれるとのことなので、早速ラズガリへ。

「これがラズガリか...。」なんて思いながら見ていたら生徒たちが道に整列して僕たちを迎い入れてくれました。学校に入る頃には女子の皆さんは両手いっぱいに花をプレゼントされていました。5期の方々、既に子供たちに大人気。去年どれだけ仲良くなったのでしょうか。

ふと見ると、門にも大きく“welcome”の文字が。すごい熱烈歓迎。

そのあとのパーティーも周りを生徒に取り囲まれて盛大に行っていただきました。自然に笑顔がこぼれます。

しかしここでハプニング発生。予定より時間が押してしまい、急遽お芝居の企画をパーティーの場でやることに。観衆は300人。これは緊張します...。

劇は順調に進み、突然のセリフ変更でもみんなちゃんと対応しています。そしてついに自分の出番、さあセリフを言うぞ。

ガンティモラ デレイ トゥーロ ボハイグレ ダンナ サキエナ(かぶが大きすぎて抜けないんだ)!!!!!!」

盛大に間違えました。

劇はそのまま終了、生徒の受けも良かったのですが、いかんせん恥ずかしい。みなさん本当にごめんなさい...。

そんな良くも悪くも印象に残ったガイクール1日目。

明日は切り替えて、頑張って本棚作ります。