2月24日 小田貴大

この日はカトマンズからガイクール村へ出発する日でした。わくわくしながらスシルの用意してくれたバスに乗りこみ、まずはペイント用のペンキを買いにペンキ屋へ向かいました。(ペイント班が前もって発注していてくれたので、とてもスムーズに購入することができました!)。からの!ものづくり用の木材を買いに向かいました。ものづくり班が前日にしっかり(相当苦労して)買い付けに行ってくれていたのでここでもスムーズに購入は終わると思っていました。ですがいざ木材加工所に着いてみるとなんと、まだ加工すらしていないという状態でした。これにはさすがのスシルも怒り、あまりよろしくない言葉を発していました(笑。1時間弱かかってやっと加工が終わり、ついにカトマンズ出発となりました。

そこからはひたすらバスに揺られて時間が過ぎていきました。これがまた揺れる揺れる。日本って凄いなって改めて感じた時でした。そんなバスでも眠るツワモノは居て、時々ゴンッと鈍い音をたてながら窓にぶつかっていました。

昼食に立ち寄ったお店ではでましたダルバード。頂きました。そこでの景色は素晴らしく、カトマンズとは違った意味でネパールに来たんだなと実感しました。

しばらくするとAB(ガイクール村の優しいチャラ男)とKB(ラズガリの先生)がやってきて、いよいよ村に行くんだなと全体の雰囲気も変わって来たのではないかと思います。そんなこんなで準備ができ、ジープの乗り換え場所へ向かいます。乗り換え場所まで10分ちょっと、またまたガタゴト揺られつつ、、到着!そこでちょっとしたハプニングが起こりました。隣に座っていた6期男子がぼそっと、「財布がない」。お昼を食べたお店において来てしまったらしく、結局そのお店の店長さん(らしき人)が届けに来てくれました。首都であったらもしかしたらに盗まれていたのではないかと思います。NPをより良く、楽しいものにする為にも忘れ物など、こういう事には気をつけていきたいですね!はい。

 

そしてここからはジープです。バスのガタゴトがかわいくなる様なゴトゴト具合でした。ちょっと油断すれば天上に頭を強打します。

バスの窓の比ではないです、ほんとに。痛かった。

最初は揺れるたびに「うおぉお」だったのが5分後には「・・・」でしたね。笑

途中でここは景色がいいからとジープがとまりました。

なるほど。素晴らしかったです。ベタですが雄大な自然に囲まれてパワーをもらった気がしました。(ほんとに)

そしてついに村へと到着!もう辺りは真っ暗でした。

どこで知ったのか村の人達が何人か迎えてくれて、明日からの村での生活が一気に楽しみになったことを覚えています。そして夜ご飯はなんだったかというと、KBたちがチャウチャウ(ネパールのインスタントラーメン的なもの)を作ってくれました!村での初食事に舌鼓をうちながら、2/24は終了となりました。

 

移動日であった2/24。ネパールの良いとこ悪いとこ全部含めて

充実した一日であったのではないかと思います。。