NP前半組の出発日は、2月20日。奥野帆奈

午後6時半、前半組と、見送りに来てくれた後半組数人が成田空港に集合しました。

NPスタートです。

これからアブダビを経由してカトマンズへ!ほとんど丸一日かけて渡航します。

 

ちなみに!この日はわたしの誕生日!

KIVOメンのみんなにお祝いしてもらいました。

誕生日プレゼントという名の餞別をもらったりして…だんにゃば~ど!

日本からアブダビまで約12時間。

とても長いのですが、飛行機内ではおだっちがミロまみれになったり、れいやが機内食を注文ミスしたり

プチ事件の発生の甲斐もあり、なかなか退屈しない空の旅となりました。

 

アブダビで3時間ほどのトランジットを経て、ようやくネパール、カトマンズへ飛び立ちます。

こちらは5時間ほど。

機内食からすでにネパール臭を感じました。

 

221日の午後3時半、トリブバン国際空港に到着しました。

ビザをもらってやっと入国!と思いきや。

さっそくネパリモード。入国審査が全く進まない!

一時間以上かかって、ついに前半組全員がネパールに入国することが叶いました。

 

空港を出ると、すでにスシルさんが待っていました。

入国審査で手間取ってしまったので、挨拶もそこそこに彼の用意したバスへ急いで乗り込みます。

そのバスの中でスシルさんからの歓迎をうけ、これからの首都での活動拠点、タメル地区に向かいました。

 

そして夜はスシルさんがウェルカムパーティを開いてくれました。

初めて食べるダルバード。初めて見る食材にドキドキしながら食べていました。

ネパールについての率直な感想は、とにかくほこりっぽい!

この日、ゲストハウスに着いてから、水を求めてスーパーに行ったのですが

やっぱりほこりっぽい!

それから、実はわたしは今年度のスタプロでカンボジアに行っていたのですが

そのカンボジアに比べてやけにごみごみしているように感じました。

そしてなんと日本人旅行者、しかもわりと年配の方がたくさんいらっしゃる!

なかなかのびっくりポイントでした。

ウェルカムパーティーからゲストハウスに戻ると、部屋の電気がつきません。

停電です。

首都では一日の半分くらい停電しているようでした。

ネパール初日の夜は、暗くて少し悲しかったです。