2月28日 @ガイクール。4日目!!! 菅由芙佳

      (並んで出迎えてくれた生徒)
      (並んで出迎えてくれた生徒)

 

朝起きて、いつものように顔を洗いに水汲み場へ行こうと外に出てみるともう見事に晴天!!運動会日和だ!

 

ということで、今日はビックイベント、文化交流班の大運動会がありました。

ジープでトリベニ小学校へと向かったのだが、遠くから子供たちや先生が並んでいるのが見えた。

私は、ジープが子供たちの前にゆっくりとスピードを落とし始めたときに初めて学校の人たちが出迎えてくれていることを知った。そして、予想もしていなかった光景にとにかくびっくりした。まだ何もしていないのにこんなに歓迎されるなんて!

 

子供たちは皆お花をつなげたレイを持っていて、何個も首にかけてくれた。可愛い子供たちにお花を渡されながら坂を登ると、校舎があり、先生がティカ(赤い粉)をおでこにつけてくれた。おでこについた粉が花に落ちて、顔が真っ赤になった!

 

それにしても全校生徒を巻き込んだ盛大なウェルカムパーティーだったな^^

先輩たち何人かは泣いていて、私も来年来たらそうやって泣くのかな、と思った。トリベニでのウェルカムパーティーは本当にすごく暖かいものであったと同時にいろいろと考え深いものでもありました。

 

1人の先生が始めに英語で私たちやトリベニの子供たちに向けてスピーチをしてくれた。スピーチの中で先生は学校における様々な問題をあげながら、私たちに感謝の言葉を伝えてくれた。例えば、敷地の狭さや教室の数が足りないことだったり。しかし私は1人の大学生であって、KIVOもいろいろな偶然が重なって集まった学生の集団でしかない。解決できる問題は限られてくるけど、それでもこうやって必要とされているという事実を実感し、感動した。

 

こちらは運動会の様子☆

100人以上の子供たちが参加し、大規模な運動会となった。

第一種目目は23脚。子供たちはなかなかやり方をつかめないようだった

。でも、恥ずかしながら参加してくれた。私もネパールの子とレースに参加!1位にはなれなかったけど、チームワークはなかなかだったと思う笑

第二種目目のしっぽ取りゲーム、第三種目目のドッジボールと運動会は続いた。

それにしても暑かった!ガルミツァ、ガルミツァと言いながらもネパールの人たちは本当にとても協力的だ。最後のリレーも大盛り上がり!とても楽しい運動会でした(^^)

 

そういえば!!!この日本と本棚も贈呈していたのだ!!代表のおにさんが本を渡し、嬉しそうに受け取る校長先生を見て、「本」というのも世界共通なんだな、と思った!

 

現地に赴くことがだれだけ大切か。

 

 

ネパールきてよかったーーー!

 

<おわり♡>

(最後雑ですみません。笑)