3/6 ネパールの村の方による歓迎会! 【本保有梨】

・掃除

・歓迎会

・子供たちと遊ぶ

・世界の授業の打ち合わせ

 

 

前日(3月5日)の夜ガイクールに到着したので、この日がガイクールにきて、実質的にいえば第一日目です。

 

朝は借りている家を掃除することに。私はキッチンを掃除しました。

キッチンといっても・・・埃っぽい何にもない部屋に木の机がおいてあるだけの状態でした。

 

Surajさんに手伝ってもらいながら、いらないものをどかしたり、部屋に水をまいたり。

 

正直キッチンという表現は適しているのかはさておき、なんとか調理する場所は設けられました。

 

その後、一番近くの、一番大きい学校で私たちの歓迎会を開いてくださいました。

グランドに私たち24人分の椅子が円上に並べられていて、その円の周りに子供たちがたくさんいる感じでした。

 

まず、先生方など、村の大人の方々がそれぞれ歓迎の言葉を述べてくださり(Surajさんや英語の先生が通訳してくれました)、そのあと、KIVOメン一人ひとり名前を呼ばれて前にでて、あいさつをしました。

 

そのときに先生方がお花の首飾り、白いスカーフ、額には赤いティカ(チョークみたいな粉でした)をつけてくださいました。

 

式が終わった後、そのまま残って学校で子供たちと遊ぶことに。

子供たちはほんとうに積極的で、お互い言葉が通じなくても、にこにこして手をつないで来たり、名前を覚えてくれたりしました。

 

上級生(日本での中学生くらいかな??)は割と英語が話せるので、簡単な会話ができました。

下級生の女の子たちとは大勢で教室に集まって、一緒にレッサンフィリリを歌って踊りました。

私は参加しなかったけれど、男の子たちは追いかけっこやバレーボールを楽しんでいてとても活発でした。

 

 

お家に帰って、なっちゃんとひろことSusilさんの家のシャワーを浴びに行くことに。

シャワーといっても、タンクに水がたまっていて、その水をたらいで掬って上からかけて流す、といった、いわば水浴びでした。

結構寒かったですが、入ったあとはすっきり!(笑)

 

 

夜ごはんはビーフなしのハッシュドビーフ。

日本から持ってきたルーはやっぱりおいしいです。

 

 

そのあと、次の日は世界に関する授業だったので、その最終打ち合わせ。

夜ですがちょうど電気が来ていなかったので、懐中電灯の明かりで作業しました。

 

作業後、普通にお部屋でおしゃべり。ローソクの明かりで色々語れました^^

そのまま寝袋に入って就寝。